REGATE RECRUIT 2024 ENTRY
Loading

COWORKER

人を知る

REGATEの社員は、学生時代の学びや、これまでの人生で培った得意を生かした領域で、それぞれ活躍しています。変化に対応する術も人それぞれ。一人ひとりの個性が、より良い会社、サービスを作り上げていると確信しています。
各部署で活躍する先輩社員の仕事ぶりとその想いをぜひご覧ください。

社員紹介

  • フィールドバイヤーの写真

    2021年

    西出 風花

    フィールドバイヤー

  • ストアバイヤーの写真

    2019年

    中家 将

    ストアバイヤー

  • SCM統括部の写真

    2021年

    伊藤 悠希

    SCM統括部

  • CRM部の写真

    2020年

    竹田 紗菜

    CRM部

  • 広告ブランディング部の写真

    2020年

    奥山 紗帆

    広告ブランディング部

  • 事業企画部の写真

    COMING SOON

フィールドバイヤー

西出 風花Nishide Fuka

Field Buyer

Q.1キャリアと現在の業務内容

入社後、フィールドバイヤー部に配属され、バイヤーとして査定から買取までを担っています。
車でご依頼いただいたお客様のお宅に伺い、お品物の査定と買取を行うのが私の仕事です。
バイヤーは"会社の顔"でもあるため、言動に気をつけながらも、お客様に笑顔になっていただけるような営業を心がけています。

Q.2あなたは「変化」に何で応えますか?

わたしは「 個性 」で応える

私は変化に個性で応えます。人にはそれぞれ個性があります。
学生時代、私はスーパーでレジ打ちのアルバイトを経験しました。常連のお客様が何人かいらっしゃいましたが、その方々の目的は食材を購入することです。故に接客にあたる店員は誰だっていい状態でした。しかし、この仕事は違います。査定員には、その人ならではの個性が強く問われます。私が一人で営業に出始めた頃、正直パッとしない査定員でした。そんな私の姿を見た先輩からのアドバイスをきっかけに、私は自分の個性を前面に出すようになりました。当初はマニュアル通りの自称「真面目な査定員」でしたが、アドバイスをいただいた後は少し冗談を交えながら、お客様と一緒に楽しんで査定することを心がけるようにしたのです。すると、「また西出さんに査定を頼みたい!」と言ってくださるなど、お客様からの反応が明らかに変わるようになりました。
この成功体験を糧に、私は今後も変化に"個性"で応えていこうと考えています。

Q.3仕事の魅力と今後の目標

フィールドバイヤーのやりがいは、人生の先輩から「いろいろと勉強になったわ。ありがとう!」などの温かいお言葉を直接いただけることです。ダイレクトにお客様からの反響がある仕事なので、やりがいを感じます。今後も知識と経験を増やし、より信用される査定員を目指します。

Q.4学生へのメッセージ

世の中にはいろんな職業があるので、自分は何になりたくて、どうなりたいのか。よくわからなくなってしまうことも、きっとあると思います。それでも、じっくりと一つひとつの会社を見て、なりたい自分になれる会社、「仕事が楽しそう!」と思える会社を選んでください。

ストアバイヤー

中家 将Nakaya Hitoshi

Store Buyer

Q.1キャリアと現在の業務内容

入社後、私が最初に担当したのは店舗の査定士です。その次に任されたのは、当社初の「ブランド・ジュエリー販売店」の管理です。新店オープンの際には立ち上げ業務と並行しながら、お客様の国籍を問わずに、私自身も店頭で顧客対応を行いました。現在は店舗全体の管理をしながら、「新規顧客の獲得」と「販路拡大」を行うことで、国内だけでなく海外のお客様からも"FUKUCHAN"が認知されることを目指し、新たなサービスの確立に取り組んでおります。

Q.2あなたは「変化」に何で応えますか?

わたしは「 受容 」で応える

私が入社してから、多くの変化を求められる時がありました。実行するかどうかはさておき、まずは「受け入れる」ことでこれまでの変化に応えてきたつもりです。もちろん変化を受容することは非常に怖く、不安に感じることもありました。しかし、自分自身を成長させるためには、新しい意見や異なる意見を受け入れることも必要です。なぜなら、変化には多くの可能性があるからです。逆に現状維持は退化に等しい。その理由としては、周りの人や環境はすべて進化し続けるからです。納得いく言葉で変化に応えるには、まず自分が受け入れ変わり続ける。グローバル化が進む人とのコミュニケーションも、文化や習慣の違いを知りまずは受け入れる。そして、共に創る新たな可能性に向かって変化し続ける。 このように変化を受容することで、私はチャレンジ精神を持って仕事に取り組むことができています。

Q.3仕事の魅力と今後の目標

私たちは常に顧客満足を追及し、新たにお客様が求めるものに対応する準備をしています。
世界各国で"FUKUCHAN”が認知され、私たちのサービスで人々の心を幸福で満たし、リユースで生活を豊かにすることが目標です。

Q.4学生へのメッセージ

就職活動は自分と真摯に向き合い、将来について考える貴重な時間です。
たくさん悩み・迷うこともあると思います。しかし、「将来の自分はどうありたいか」を考えることが重要で、周りと比べて焦る必要はありません。自分の可能性や限界を決めつけることなく、新しい挑戦を恐れず、幅広い視野で悔いのない就職活動をしてほしいです。自分が輝く姿を、ぜひ想像してみてください!

SCM統括部

伊藤 悠希Ito Yuki

Supply Chain Management

Q.1キャリアと現在の業務内容

2021年の中途入社です。前職は空港で地上職でした。リゲート入社後、「セールスマネジメント部 横浜事業所」の商品管理として配属され、東日本の商品管理から販売までチーム全体で担っています。横浜事業所でブランド商品の取扱開始後に"ブランドチーム"が発足。2022年3月から、同チームを担当しています。現在はブランド商材を市場へ出品し、各取引先の対応を行うなど、ブランド商材全般の業務が私の担当です。

Q.2あなたは「変化」に何で応えますか?

わたしは「 能動性 」で応える

私は能動的な人になることで、変化に応えます。入社後、横浜事業所は大きく変化しました。私自身も大きく2つ変化しますが、未経験の業界に飛び込んだため、当初は業務や商材を覚えるだけで精一杯でした。しかし、知識がだんだん増えていくうちに、この業界の面白味を理解していきました。これが私の1つ目の変化です。入社時の事業所は人員も業務も今より少なかったですが、その分一人ひとりが広範囲の業務を兼任する形でした。さまざまな業務に携わることで、物事を多角的に知ることができました。また、事業所が開設されてから間もなかったこともあり、当時はオペレーションの変化が絶えませんでした。ただ、そのような環境下だったからこそ、能動的に意見を出しました。そうすると、多数の意見を反映していただくことができました。積極的に取り組まなければ置いて行かれるぞ!という環境下で挑んでいたからこそ生まれた積極性。これが私の2つ目の変化です。

Q.3仕事の魅力と今後の目標

商品知識に精通したプロフェッショナルになることです。そのために向上心を持ち続け、「相場観」と「知識」のアップデートを怠らずに続けます。いずれは、社内全体に情報を即共有できるシステムを作りたいですね。

Q.4学生へのメッセージ

今しかできないことを存分に楽しんでほしいです。学生の皆さんは今いろいろなことが制限され、息苦しさを感じることも少なくないと思います。だけど、そのとき全力でやりつくしたことは、すべて財産になると思います!私は前職が国際線での勤務だったので、感染症の影響で一時期一切の仕事がなくなってしまいました。その危機感から転職を決意しましたが、どんな経験もポジティブに感じているからこそ今があると思っています。

CRM部

竹田 紗菜Takeda Sana

Customer Relationship Management

Q.1キャリアと現在の業務内容

コールセンターのチーム運営を担当しています。さまざまなお客様の状況を把握し、最善の方法を模索し対応するのが私の仕事です。バイヤーが当日営業しやすいように、そしてお客様にも安心して任せていただけるように。最適な案内をCRM全体で行えるよう尽力しております。バイヤーとお客様を繋ぎファーストコンタクトの責務を全うするのが、私が所属するCRM部の役割です。

Q.2あなたは「変化」に何で応えますか?

わたしは「 柔軟さ 」で応える

入社し研修を経て電話対応の仕事も少しずつ慣れ始めたばかりのころ、関東にも拠点が増えることとなりました。異動することになったのは私だけで、周りの環境も嵐のように変わりました。しかしその目まぐるしい変化は、不思議と後ろ向きの気持ちにはなりませんでした。私が新天地に配置された意味は、今まで学んで来たノウハウを新拠点に伝えることや、懸け橋のような存在になることだと考えました。だからこそ、今できることをその場その場で全力でやってきたつもりです。
環境が変われば当然、覚えるべきこと、順応するべきことも人一倍多くなります。何かが変わるときに私が一番大事にしてきたことは、まずは変化を受け止めること。そして、どう行動していくのが一番いいのかを考えることです。どんな変化にも必ず何か意味があると思うので、今後もその意図を柔軟に捉えていい結果になるように行動していきます。

Q.3仕事の魅力と今後の目標

全員が心地よく働けるよう、今後も働きやすい環境づくりに尽力いたします。
まだまだ発展途上。多種多様な意見を受け入れるために常にアンテナを張り、ひとつひとつの意見をバランスよく大切にしていきます。

Q.4学生へのメッセージ

変化を恐れず楽しむ心が活路を開く鍵になっていくと思います。変化を受け入れ進んでいこうとすれば、必ず困難なことや上手くいかないことが人生に立ちはだかります。しかし、逆風のときこそ現実を柔軟に受けとめて、自分の糧に変えられたら素晴らしいですよね。そうして新しいことをどんどん吸収して、どんな困難があっても一緒により良いものに変えていきましょう!

広告ブランディング部

奥山 紗帆Okuyama Saho

Branding

Q.1キャリアと現在の業務内容

新卒入社3年目になります。業界未経験、大学の専門も全く違うところからのスタートで、1年目はひとまずやらせてもらえることはなんでも経験。ディレクター・コピーライター・インタビュアー・Web制作アシスタント・撮影アシスタント・カメラマン……1年でなんでも屋さんになりました。
現在の主な担当は、買取サービスの総合ブランディングです。サービスの魅力を全国に伝えるプロモーションやイベントを日々追求しています。

Q.2あなたは「変化」に何で応えますか?

わたしは「 繋がり 」で応える

入社から今までのキャリアでは、なにか1つ同じ仕事を続けていくのではなく様々な案件を担当しました。そんな変化の連続の中で、私を根幹でずっと支えてくれているのは「人との繋がり」です。
実は、この採用サイトの旧バージョンをディレクションした年があります。ご覧の通り、採用サイトでは全部署の皆さん、様々な拠点の皆さんにご協力いただきます。「奥山さんのお願いなら…!」と言ってご協力くださる方もいらっしゃり、社内の皆さんとの「繋がり」で、弊社として初めて採用サイトの構築を完遂することができました。
学生時代の「繋がり」も大切です。1年間海外にいた時にお世話になった学校に連絡して協力してもらい、新規で立ち上げた寄付プロジェクトのテスト運営をしました。私だからこその「繋がり」が仕事で活きた経験は、とても印象に残っています。
私にはいつでも心強い仲間がいるので、どんな案件でも安心して仕事に臨むことができています。

Q.3仕事の魅力と今後の目標

もっともっと自分を広げていくことです。今は自分の引き出しの少なさに落ち込むことがしばしば……。世の中に溢れる素敵なクリエイティブにたくさん触れ自分を豊かにすることが、仕事の質にも表れると思っています。

Q.4学生へのメッセージ

一般的に「会社」はもっと機械的なものだと思っていました。決められた仕事・対応・環境……。
でも実際はいつでも新しい挑戦で溢れていました。そして、各領域のプロの仕事がひとつに実り成果となる中で、良くも悪くも、“私だからできた”成果が残ることを実感しました。その1つ1つの取り組みが「会社」をつくっていると感じています。
“皆さんだからできる”成果も必ずあります。一緒に“私たちだからできる”ことをやりましょう!

社員紹介

  • フィールドバイヤーの写真

    2021年

    西出 風花

    フィールドバイヤー

  • ストアバイヤーの写真

    2019年

    中家 将

    ストアバイヤー

  • SCM統括部の写真

    2021年

    伊藤 悠希

    SCM統括部

  • CRM部の写真

    2020年

    竹田 紗菜

    CRM部

  • 広告ブランディング部の写真

    2020年

    奥山 紗帆

    広告ブランディング部

  • 事業企画部の写真

    COMING SOON

NEXT

動画で知る